1. TOP
  2. ヘアケア
  3. シャンプー
  4. 【新作】バルクオムシャンプーを使ってみた!成分解析や販売店まとめ

【新作】バルクオムシャンプーを使ってみた!成分解析や販売店まとめ

メンズスキンケアブランドとして有名なバルクオムから、待望のヘアケアラインが誕生しましたね。

バルクオムは、俳優の窪塚洋介さんをCMに起用するなど、若者を中心に人気を集めているブランドです。

今回は発売前のバルクオムシャンプーとトリートメントを事前に入手して、実際に体験してみました。

使用感や成分解析を交えながらご紹介していきます。

 

バルクオムシャンプーとは?

 

バルクオムシャンプーとは、頭皮美容をコンセプトに作られた、今までに無いメンズ向けシャンプー&トリートメントです。

なぜ髪ではなく、頭皮の美容なのでしょうか?

それは頭皮と髪の毛が1枚の肌で繋がっているからです。

畑で例えるなら、頭皮は栄養を豊富に含んだ土壌です。頭皮(土壌)に栄養が無ければ、そこから生えてくる髪の毛も、当然健康的な状態とは言えません。

そんな大切な頭皮環境にバルクオムは注目して、髪と頭皮にうるおいと、補修力をバランスよくデザインしたシャンプーなんです。

そして洗浄成分には、サロン級の洗浄成分を採用。失われがちなうるおいをしっかり残しながらも、男性特有の皮脂汚れにも対応した男性のための成分になっています。

シャンプーもトリートメントはノンシリコン処方ですので、薄毛対策のシャンプーとしてもお使い出来ます。

 

バルクオムシャンプーの値段や容量・香り

シャンプー

容量:200g

価格:3000(税別)

香り:フローラルフルーティー

 

トリートメント

容量:180g

価格:3000円(税別)

香り:フローラルフルーティー

 

バルクオムシャンプーを使ってみた!

それでは発売前のバルクオムシャンプーを実際に使用してみました!

気になっている男性の方の参考になれば嬉しいです。

 

シャンプーの色やテクスチャは?

 

シャンプーの色は、透明で少しだけ黄色みがかっています。

シャンプーのテクスチャ(質感)は、ジェルのようなトロッとした質感になっています。これはシャンプーにクレンジング成分を配合しているので、普通のシャンプーには無い弾力が生まれています。

この弾力が、頭皮の皮脂やスタイリング剤の汚れを集中的に洗浄して、清潔な頭皮環境を保ってくれるようです。

 

シャンプーの香りは?

バルクオムシャンプーの香りは、フローラルフルーティの匂いです。

なんだか女性用シャンプーのような名前ですが実際のところは、ほのかな甘味のある清潔感のある優しい香りになっています。

今まで100種類以上のシャンプーをテストしてきた編集部的には、メンズシャンプーでここまで香りが良いシャンプーは初めてです。

それくらい香りにもこだわったシャンプーに仕上がっています。

 

シャンプーの泡立ちは?

泡立ちは非常に濃密な泡立ちになっています。少量でもしっかりと髪と頭皮が洗浄出来るので、コスパも良いと言えます。

シャンプー中の指通りもとても良いので、髪が絡まる心配もありません。スタイリング剤を付けた状態で、シャンプーしましたが二度洗いの必要もありませんでした。

洗い上がりもぬるつきも無くて、とてもスッキリしています。

1点注意点としては、バルクオムシャンプーはアミノ酸シャンプーと呼ばれるジャンルのシャンプーです。

アミノ酸シャンプーとは、弱酸性の洗浄成分で作られたシャンプーで、サロンシャンプーの多くもこのアミノ酸シャンプーを採用しています。

髪や頭皮に優しく、保湿に優れた成分が特徴的なシャンプーなのですが、実はデメリットも。

それは洗浄力が、市販の安価なシャンプーと比較してやや弱めであることです。ですのでシャンプー前にしっかりとした予洗いが必要になります。

今ままで市販のシャンプーで、ちょっと髪を濡らしてすぐにシャンプーをしていた人は、洗浄力に物足りなさを感じることもありません。

しっかりと予洗いをすることで、皮脂や汚れの大半を洗い流すことが出来ます。

この予洗いの効果で、シャンプーの上質な成分の恩恵をたっぷりと取り込む事が出来ます。

 

シャンプーの洗い上がりは?

洗い上がりはとてもスッキリしていて気持ち良いです。

サラサラの自然な洗い上がりなので、しっとりし過ぎて髪がボリュームダウンする心配も無さそうです。

シャンプーの香りは、ふわっと残る程度なので、強すぎずビジネスシーンや公共機関でも気にならないかと思います。

髪の絡まりや、ごわつきなどの不快感も一切ありませんでした。

 

トリートメントも使ってみた!

続いてバルクオムトリートメントも使ってみました!

トリートメントの香りも、フローラルフルーティの香りのようですが、少しだけトリートメントのほうが香りが強めな印象です。

バルクオムトリートメントは、ノンシリコン処方です。髪だけではなく、頭皮も保湿して保護してくれます。

一般的なコンディショナーやトリートメントと違い、頭皮に付けてもOKなので、髪と頭皮になじませてケアしていきます。

 

トリートメントの洗い上がりは?

トリートメントもぬるつきは一切なく、さわやかな洗い上がりでした。

しっとりと言うよりは、サラサラの仕上がりになります。トリートメントを使ったほうが、髪の毛の指通りは良くなります。

髪の質感や頭皮環境にこだわる人は、トリートメントの使用もおすすめです。

 

バルクオムシャンプーの成分解析

それではバルクオムシャンプーの成分解析をしていきます。

お先にバルクオムシャンプーの特徴をまとめると、

  • 洗浄成分がサロン級
  • 保湿成分を豊富に配合
  • 育毛ケアも出来る
  • 老化を防ぐリンゴ果実幹細胞エキス配合

こういった特徴があります。

 

洗浄成分がサロン級

シャンプーに含まれる成分の中で、もっとも多く配合されている成分が洗浄成分です。

洗浄成分の良し悪しが、シャンプーの質を決める言っても過言ではありません。そんなバルクオムシャンプーの洗浄成分は、サロンシャンプーの多くも採用する、アミノ酸系洗浄成分です。

頭皮や髪への影響も少ない弱酸性の成分で作られており、保湿力に優れているのが特徴です。

しかしメンズ向けシャンプーの場合、このアミノ酸系洗浄成分だけでは、男性特有の皮脂に対応が困難です。

そこでサブ的な洗浄成分として、ラウリルヒドロキシスルタインと呼ばれる、低刺激でありながら泡立ちをサポートする成分も、しっかり配合。

皮脂量の多い男性でも、安心して愛用可能です。

 

保湿成分を豊富に配合

バルクオムシャンプーには、グリセリンと呼ばれる保湿成分が高配合されています。

シャンプーをすることで失われがちな、髪や頭皮の潤いを逃さずにしっかりとキープ。更にシルクも配合されており、保湿の他にも、髪の補修もサポートしてくれます。

 

育毛ケアが出来る

バルクオムシャンプーは、頭皮環境を健やかなに保つ、チャ葉エキスやセイヨウシロヤナギ樹皮エキスを配合。健康的な頭皮環境に整えることで、髪が生えてきやすい頭皮環境をサポートして、薄毛対策にもおすすめです。

 

老化を防ぐリンゴ果実幹細胞エキスを配合

リンゴ果実幹細胞エキスは、老化を防ぐ成分として注目を集めている成分です。

頭皮の老化を防ぐことで実は見た目にも影響を与えます。

顔と頭皮の皮膚は、1枚で繋がっているので、頭皮にハリが出ることで若々しい印象を与える事にも繋がるんです。

 

バルクオムシャンプーの販売店は?

バルクオムシャンプーは、公式サイトや、通販ではAmazonなどで販売される予定です。

実店舗では、バラエティーショップや免税店、バルクオムの取扱店などで販売される予定です。

バルクオムのスキンケアは、東急ハンズなどでも販売されていました。

 

まとめ

今回は美容を意識する男性から、絶大な支持を集めているバルクオムから発売されるシャンプーについてご紹介しました。

スキンケア商品も大人気のバルクオムですので、もしかすると発売と同時に完売も予想されます。

気になる人は、早めにチェックしてみて下さいね!

 

\ SNSでシェアしよう! /

ナイトうぇぶの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナイトうぇぶの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナイトうぇぶ編集部

ナイトうぇぶ編集部

あなたの綺麗を応援します。お役に立てるように、記事の執筆は、美容室オーナー、美容師、ネイリスト、アイリストなど美容のプロが担当しています。末永くよろしくお願い致します。ナイトうぇぶ一同