1. TOP
  2. ヘアケア
  3. ヘアスタイル
  4. 【美容師が選ぶ】薄毛の女性でも似合うおすすめの髪型20選

【美容師が選ぶ】薄毛の女性でも似合うおすすめの髪型20選

年齢を重ねていくと、どうしても抜け毛や薄毛の悩みが付きませんよね。

鏡の前に立つのが嫌な人もいると思います。特にいくつになってもオシャレを楽しみたいと思っている人にとってはお気持ちをお察しします。

少しでもあなたのお力になれるように、今回はサロンを経営している美容師の私が、厳選した薄毛の人でも似合うヘアスタイルをまとめました。

髪は年齢とともにボリュームもダウンしがちになります。

その対処法や薄毛をカバーするのにオススメのヘアスタイルをたっぷり紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

1. 女性の薄毛の対処・対策法

① 分け目を変える

分け目にこだわりを持っている女性は多いと思います。

しかし、いつも同じ場所で分けておくのは要注意です。いつも同じ場所で分けている状態を長く続けていますと、その部分の頭皮が硬化してしまうのです。

そして、毛根の成長を妨げてしまう原因になるのです。ですから、定期的に分け目を変えることをオススメします。

分け目を変えるメリットはもう1つ有ります。同じ場所で分けているとそこに頑固な癖がつきます。その癖を逆にすることで、髪の毛が戻ろうとして立ちあがってくれるのです。

立ち上がりを利用して、ふんわりボリュームを出すことが出来ます。

 

②【頭頂部の薄毛を隠す】髪を束ねる(ポニーテールなど)

出典:Pinterest

 

髪を束ねて、トップにボリュームを出すことで、頭頂部の薄毛を自然に隠すことが出来ます。

ポニーテールは、サイドもスッキリしていて好感も高い髪型ですので、大人の女性にも人気です。

最近では、ポニーテールを外国風にアレンジした、オシャレなメッシーバンも人気です。

 

③ ドライヤーでボリュームを出して目立たなくする

濡れた髪の毛をドライヤーで乾かす際に大事なことがあります。

頭のトップの部分をふんわりさせるような乾かし方は、髪の毛の流れと逆の方向にドライヤーを当ててふんわりさせるように乾かすことで、ボリュームを出すことが出来ます。

 

④ ターバンやバンダナ、帽子でカバーする

ターバンやバンダナは、幅が調節出来ますから薄毛をカバーするのにオススメのアイテムです。薄毛が気になる部分をターバンやバンダナ、帽子で隠してしまいましょう!

 

⑤ 前髪をアレンジする

前髪をボリュームアップさせることが重要です。その方法を紹介します。

  • 前髪の長さは短めの方がカバーしやすい
  • 前髪の量は厚めにする
  • 前髪にカーラーでボリュームを出す
  • パーマをかける

以上のことに注意してボリュームアップさせてみてくださいね!

 

⑥ ロングの人はショートヘアにしてみる

薄毛に悩む人は、髪の毛を長くしておいた方がカバー出来ると思っている女性が多いのですが、ハッキリ言って間違えています!

髪の毛が長ければ長いほど一本一本が重くなるので、ぺタッとしやすくなります。

ですから、思い切ってショートヘアにしてみるのも良いです。一本一本が短ければ軽いので、ふんわり立ち上げやすくなります。

 

⑦ 【私生活編】睡眠と食事の質を整える

毛根の細胞分裂が活発になる時間帯は、午後10時~午前2時の間です。

ですからその時間帯はしっかりと睡眠をとることが大事です。髪の毛の成分の9割はタンパク質で出来ています。

タンパク質を多く含んでいる食物は、肉・魚・卵・乳製品などの動物性タンパク質、大豆などの植物性タンパク質をバランスよく摂取するように心がけましょう。

 

⑧育毛剤を使う

育毛剤は、薄毛を予防する事が出来ます。保湿成分が豊富に配合されているので、頭皮環境を健康に整えてくれます。

おすすめは、産後の抜け毛の改善にも定評のある、ベルタ育毛剤です。

ベルタ育毛剤を使ってみた!口コミや使い方・成分解析・最安値で購入する方法まとめ

 

薄毛で悩む女性でも似合うおすすめの髪型20選

ショート・ボブヘア編

出典:Pinterest

20代の薄毛の女性にもおすすめ

チョッピーバンクは、軽いのでふんわりさせる効果抜群です!

髪が細くて20代でも、薄毛に悩んでいる人におすすめの髪型です。

出典:Pinterest

薄毛に悩む女性は、前髪を薄くすることに抵抗があるかもしれませんが、そんなことはありません!

わざとシースルーバンクにすることで、生え際の、薄毛カバーに繋がるのです。

くせ毛気味の薄毛の女性にもおすすめ

出典:Pinterest

眉上バンクに抵抗がある女性も多いと思いますが、薄毛カバーに最適なので是非挑戦してみてください!こちらもとても可愛いですね!

くせ毛の人にもおすすめのヘアアレンジです。

 

薄毛の女性でも似合うパーマヘア

出典:Pinterest

チョッピーバンクを斜めに流すと大人っぽい雰囲気になりますね。

ボブは2018年も、引き続き大人気です。

後頭部も自然にカバー出来ます。

 

品があり、40代・50代の人にもおすすめです。

 

10代の薄毛や細い毛にもおすすめ

出典:Pinterest

ベリーショートヘアは薄毛カバーに最適です!ふんわりさせれば、女性らしさも出ます。

 

50代の薄毛女性におすすめのヘアスタイル

出典:Pinterest

トップをふんわりさせる事で、頭頂部の薄毛を目立たなくさせる事が出来ます。

 

 

出典:Pinterest

 

トップをふんわりさせ、薄毛を隠し、ウルフ気味に襟足を残すのもおすすめです。

 

 

ミディアム編

30代の薄毛の女性におすすめ

出典:Pinterest

ミディアムヘアの場合は、かきあげバンクがおすすめです。根元から立ち上げることで薄毛が目立たなくする事が出来ます。

頭頂部の薄毛にもおすすめ

出典:Pinterest

毛先にふんわりパーマをかけることで、ボリュームも出しやすくなります!

かき上げ気味に、トップにボリュームを出す事で、頭頂部の薄毛をカバー出来ます。

出典:Pinterest

丸顔の薄毛の女性におすすめ

シースルーバンクもおすすめです。長めの前髪は重くなりがちですが、シースルーバンクは軽くなりますので、ふんわりさせやすくなります。

トップにボリュームを出す事で、頭頂部の薄毛を目立たなくする事が出来ます。

出典:Pinterest

生え際(前頭部)の薄毛の人にもおすすめ

とても可愛いヘアスタイルですよね!シースルーバンクは今、トレンドなのでおすすめです。

出典:Pinterest

こちらもシースルーバンクです。ふんわり下ろして軽く流してあげると薄毛カバーになります。

ロング編

ロング、生え際(前頭部)の薄毛を隠すヘアスタイル

出典:Pinterest

眉上のフルバンクです。前髪の量を増やすことで、生え際の薄毛をカバー出来ます。

 

出典:Pinterest

ロングヘアに、フルバンクのヘアスタイルは、可愛らしく幼い雰囲気がでるヘアスタイルですね!

出典:Pinterest

フルバンクは、幼い雰囲気になりやすいのですが、こちらのようにコテやカーラーで流すような動きを付けることで、大人っぽい印象になります。

出典:Pinterest

シースルーバンクで、斜めに流すこともおすすめします。

出典:Pinterest

目の上ギリギリのフルバンクです。重めですが、薄毛のカバーにもオススメします。

 

バンダナやターバン編

出典:Pinterest

薄毛をカバーするのに、バンダナやターバンを使うことはとてもおすすめです。とてもオシャレにも見えますので一石二鳥ですね!

出典:Pinterest

幅を広めにして巻く事で、自然に薄毛をカバー出来ます!

出典:Pinterest

ルーズな感じで前髪を出して、ターバンを巻きます。こちらのような巻き方もオシャレでおすすめです。

出典:Pinterest

短い髪の毛を、少しずつアップしていきピンで留めたスタイルもバンダナで薄毛部分をカバーすればオシャレな雰囲気になります。

出典:Pinterest

前髪を斜めにピタッと流して、バンダナやターバン、こちらのようにスカーフの様なものを巻くのもおすすめです!

 

薄毛の人におすすめのまとめ髪

出典:Pinterest

薄毛の人は、まとめ髪を作る際、ゆるっと巻く事で、薄毛を目立たなくする事が出来ます。

メッシーバンと呼ばれる、ヘアアレンジがおすすめです。

ヘアカタログはこちら

 

3. 女性の薄毛の原因

1、ホルモンバランス

女性にも男性同様に薄毛になるリスクはあります。しかし男性のように髪全体が無くなるというよりも部分的に髪が薄くなっていく事がほとんどで、髪全体が無くなる事は稀です。

それでも女性にとっては髪が命という人もいると思います。オシャレが出来なくなるのは辛いですよね。

2、産後直後の抜け毛

女性は妊娠中、通常より多くの女性ホルモンが分泌します。その影響で妊娠していない時に比べて髪が通常よりも伸びるのですが出産を機会に正常なホルモンバランスに戻るので髪が一気に抜けてしまいます。

ですがこれは一時期的なもので多くの女性が体験しますがしばらく経つと正常な状態に戻っていきます。

3、頭皮がオイリー

頭皮に過剰な油分が多いと菌が繁殖して炎症の原因となってしまいます。これにより髪は血行不良を起こしてしまい正常な状態で髪が伸びてこなくなります。

4、ストレス

ストレスによる自律神経の乱れが血行不良を招いてしまい毛母細胞の正常な働きを妨げて健やかな髪の成長にブレーキを掛けてしまいます。

5、過度なダイエット

女性なら誰しもダイエットに取り組んだ事があると思いますが、実は過度なダイエットは抜け毛の大きな原因となります。

髪もカラダの一部ですので栄養を必要としています。人間は栄養を体内で作り出すことが出来ず、食事から摂取する必要があります。

食事の栄養分は真っ先に生命維持に必須の心臓や内臓などの臓器に届けられます。

そして最終的に優先順位の低い、髪や爪に供給されます。充分な栄養が足りていれば特に問題は無いのですが過度なダイエットで栄養が不足すると毛母細胞への栄養が足りず通常よりも髪は抜けやすくなってしまいます。

 

薄毛対策は育毛シャンプーがおすすめ

効果的な対策として頭皮環境に良いシャンプーを使うことをおすすめします。

実際にシャンプーを変えるだけで髪質や頭皮環境が改善され、オシャレを楽しめるようになったと言う女性の方は多数いらっしゃいます。

特に薄毛の人がシャンプー選びで気をつけて欲しいことが洗浄成分が穏やかなシャンプーをお選び頂くことをおすすめします。

洗浄成分が強いシャンプーを使ってしまうと頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛の原因となってしまいますので要注意です。

詳しくはこちらの育毛をサポートするシャンプー記事の特集をご覧下さい。お役に立てるはずです。

 

女性用育毛剤もおすすめ

最近では、女性に特化した女性用育毛剤も質が高いものが増えてきています。

育毛剤の主な役割としては、

  • 頭皮の保湿
  • フケやかゆみ・炎症の予防
  • 血行促進
  • エイジングケア

などがあります。育毛剤は発毛を促進するものではなく、あくまで予防とお考え下さい。

しっかり薄毛に対しての日々のケアで、実際に育毛剤を愛用している人も、薄毛が改善されたと言う、口コミも多く存在します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性の悩みの多くに薄毛があります。その対処法を紹介しましたので是非参考にしてみてください。

薄毛をカバーするのにオススメのヘアスタイルもたっぷり紹介していきましたのでこちらも参考にしてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

ナイトうぇぶの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナイトうぇぶの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナイトうぇぶ編集部

ナイトうぇぶ編集部

あなたの綺麗を応援します。お役に立てるように、記事の執筆は、美容室オーナー、美容師、ネイリスト、アイリストなど美容のプロが担当しています。末永くよろしくお願い致します。ナイトうぇぶ一同